ミズノ総合トップ子供の日新着記事20世紀の出来事元気が出る話

2009年07月09日

日本代表が強化日程を発表



9月にオランダ戦 4強目指す岡田ジャパン
サムライFC サカキチ日誌 日本代表

090709okada.jpg 「いいチームと少しでも試合がしたいという要望がかなった」。岡田監督は納得の表情を見せた。9月からの3カ月で計7試合。Jリーグだけでなく、ナビスコ杯やアジアチャンピオンズリーグが佳境を迎える中で、これだけの試合をねじこめたことは大きい。
 特にオランダは国際サッカー連盟(FIFA)ランク3位。現時点で唯一、欧州からのW杯出場を決めている掛け値なしの強豪と、アウェーで対戦できる。「ベスト4に入っていく力を持っているチームがどれくらいのものか、口で駄目だと言っても分からないものを肌で感じてほしい」と指揮官は期待した。

FCバルセロナ「やるべきことは明確」 岡田監督一問一答≫続きはこちら
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

スペインでサッカー選手育成





佐伯夕利子さん(35) いつか代表チーム監督に

090706saeki.jpg 国際サッカー連盟(FIFA)男子世界1位の「スペイン」。来年のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会ヨーロッパ最終予選でもトップを走り、出場が本命視されるサッカー大国で、未来の代表選手を育てている。平成15年には、スペイン代表も指導できる国内最高の指導者資格を女性で初めて取得。クラブチームをも率いた。
 今は、世界最高峰のスペイン国内男子プロリーグ1部に所属する強豪「ビジャレアルCF」で、トップチーム入りを目指す3歳以上の若者を育成している。
 スペイン暮らしは長いが、気質の違いには戸惑うことが多い。
 「スペインの子供たちは自己主張が強く、大人が相手でも決してひるむことがないんです」
 11、12歳の選手たちの練習試合で、カルチャーショックを受けた。
 「右じゃなくて左でしょ」。右サイドにボールをけろうとした少年に、大声で指示を飛ばした。すると少年はピタリと足を止め、後ろを振り返ると「何が間違っているんだ」。ベンチに歩み寄り、まくし立てた。納得できないことは絶対にやらないスペイン人気質に絶句した。
 一方で、若い日本人女性でありながら指導者として受け入れられたのは、「スペイン人気質に救われた面もある」という。
 「力を認めた人には信頼を置いてくれる。こちらが主張すべきところは主張し、ミスは真摯に謝罪するなどきちんとした姿勢を打ち出せば、ついてきてくれた」

魅力ある公式グッズが多数品揃え!FCバルセロナ公式オンラインストア【FCBOTIGA】
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | リーガエスパニョーラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

コンフェデ杯 ブラジルが優勝!

アメリカを逆転で下し、強国の面目躍如
サムライFC サカキチ日誌

090629burajiru.jpg 南アフリカで開催中のサッカーのコンフェデレーションズカップで28日、決勝戦が行われ、ブラジルが米国に3−2の逆転勝ちで優勝し、連覇を果たした。3位決定戦は延長の末、スペインが地元の南アフリカを3−2で下した。
 序盤から中盤を支配してゲームの主導権を握ったブラジルだが、ゴール前を固めた米国の守備を崩せず、いらだちが募った。すると、前半10分にデンプシー、27分にドノバンの速攻によるゴールで2点を失い、一気に劣勢に回った。
 だが、後半に入り、ルイス・ファビアーノが開始1分でペナルティーエリアで後方から受けたパスを反転して左足で決めてまず1点。さらに29分。
カカが左サイドをドリブルで切り込み、速いクロスを。ロビーニョが右足で合わせたシュートがバーに跳ね返されたところを、ゴール前に詰めたルイス・ファビアーノが今度は頭で押し込んで同点に追いついた。さらにブラジルはその10分後、右コーナーキックからDFのルシオが頭で合わせて決勝点を奪った。

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界のサッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

稲本、フランス一部レンヌへ移籍

激安サッカーショップ ユニオンスポーツ


中田越え、稲本。欧州9シーズン目の挑戦
サムライFC サカキチ日誌

090623inamoto.jpg フランス1部リーグのレンヌに新加入したサッカー元日本代表MF稲本潤一は、新シーズンが欧州で迎える9シーズン目だ。
イタリアやイングランドで8季プレーした中田英寿を上回り、1970年代後半から80年代にドイツで活躍した奥寺康彦に並ぶ長さとなる。
 稲本は21歳だった2001年夏にJリーグ1部のG大阪からアーセナル(イングランド)へ加入し、欧州での歩みを始めた。レンヌを加えれば欧州で計4カ国、7クラブ目となる。アーセナル、ガラタサライ(トルコ)では欧州チャンピオンズリーグも経験。フラム(イングランド)では、日本人で初めて英プレミアリーグでプレーした。
 フランス北西部にあるレンヌは、98、99年にG大阪を率いたアントネッティ監督が指揮する。稲本は「ガンバ時代、2年間一緒に働いた。もう一度、彼の下でやりたいと思っていた」と、欧州での9度目の開幕を待ち望む。






posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人選手の活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

中村俊輔、スペイン移籍か横浜M復帰か

エスパニョール有力!21日に移籍先を決断
サムライFC サカキチ日誌

nakamura.jpg


サッカーの日本代表MF中村俊輔が来季の移籍先について21日にも結論を出す見通しとなった。Jリーグ1部(J1)横浜M関係者が20日、明らかにした。
 代理人を務めるロベルト佃氏がスペイン1部リーグのエスパニョールとの移籍交渉を終えて20日に帰国。
6月でセルティック(スコットランド)との契約が満了する中村は来季の移籍先を古巣の横浜Mとエスパニョールの2チームに絞っているもようで、21日に佃氏が中村に意思確認をした上で結論を出すものとみられる。
 既に、スペインの地元各紙はエスパニョールと中村が2年契約で大筋合意したと報じている。



posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人選手の活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
FCバルセロナ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。