ミズノ総合トップ子供の日新着記事20世紀の出来事元気が出る話

2009年11月23日

【J2リーグ】劇的ゴールで首位浮上

直接対決制したベガルタ仙台

最後のプレーだった。0−0の後半ロスタイム、仙台は千葉の右クロスを朴柱成が頭で合わせ決勝ゴール。J2優勝を争うC大阪との直接対決を制し、2試合を残して首位に立った。

 C大阪を勝ち点差2で追っていた。負けはもちろん、引き分けも許されない状況。手倉森監督は、「引き分けでいいセレッソと、勝ち点3を取るんだという仙台。最後にわれわれの思いが通じた」と、劇的勝利の余韻に浸った。これで本拠地では12連勝。地の利も生かして難敵を撃破した。

 チームは充実の秋を迎えている。前節に7季ぶりのJ1復帰を決め、天皇杯では8強に進んだ。J2のタイトルを昇格の手土産とすることができるか。前身のブランメル仙台時代からチームを支えるベテラン千葉は、「まだ二つある。残り二つを勝たないと」と表情を引き締めた。
後半ロスタイム、仙台・朴柱成(左)が値千金のヘディングシュートを決めベンチへ走り出す

サッカーショップ加茂 ティエンポ94
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 21:38| Comment(1) | TrackBack(0) | ・J2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
FCバルセロナ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。