ミズノ総合トップ子供の日新着記事20世紀の出来事元気が出る話

2009年04月29日

マンU“鉄人”ギグスが最優秀選手賞

年間最優秀選手賞 ギグスが初受賞!
サッカーサムライFC マンチェスターユナイテッド
090429gigusu.jpg


マンチェスター・ユナイテッドライアン・ギグス(35)が26日、プロ選手協会が選ぶ年間最優秀選手賞を初受賞した。
 1991年にプロデビューして以来、マンU一筋のベテランは、今季は先発出場の機会は減ったが、重要な試合で存在感を発揮。通算800試合出場を目前にしている。

ギグスは1991年にプロデビュー。
以来、マンU一筋にプロ生活を送ってきた。マンUでは数々のタイトルを獲得し、僚友のポール・スコールズデビットベッカムと共にマンUの中心選手として貢献してきた。
スピード、テクニックともの申し分なくリーグを代表するスター選手。
特に彼の直線的なドリブルは「ジャック・ナイフ」と称された。また、左足のクロスは絶品で正確無比だった。
個人的には、今のクリスチアーノ、ロナウドよりもうまかったと思う。
しかし、サッカーの最高峰、ワールドカップにはウェールズの代表として出場し続けたたが、予選敗退で本大会には縁がなかった。
出場していれば、右のベッカム左のギグスとして、世界的な注目度も相当違ったであろう。それだけに、ワールドカップでのギグスのプレーが見たかったのが本音だ。
一部には、イングランド代表として出場して欲しいというファンの気持ちがあったものの、母国ウェールズの代表にこだわり続けたのも事実。
時折、同年代のベッカムと対比されることも多かったが、華やかなベッカムと異なり、サッカー以外では、プライベートなことが表に出ることは無かった。
それだけ、家族との生活を大切にする一面を覗かせる。
あとすこしで、800試合の偉業だが、当たりの強いプレミアでの達成は“鉄人”の名にふさわしい。とにかく、けが無く何とか達成してもらいたい。

giguzu.jpg
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 私の好きなサッカー選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

名古屋 逆転勝ち

名古屋 小川、光る新・背番号「10」
サッカーサムライFC Jリーグ 名古屋グランパス

090427nagoya.jpg


 名古屋新背番号「10」が、逆転勝ちの立役者となった。後半に2得点に絡んだ小川「何とか取り返そうという気持ちが、いい結果につながった」と満足げだった。
 後半26分に右CKで吉田の同点ゴールを演出した。同36分にはペナルティーエリアすぐ外の左サイドでFKを得た。「枠に直接入る速いボールをけろう」と意識した小川の右足から繰り出されたボールは、強く吹いていた風にも乗ってGKの頭上を越えた。自身の今季リーグ初得点は貴重な勝ち越しゴールとなった。
 チームは主力の玉田、マギヌンをけがで欠き、リーグとともにACLを戦う過密日程もある。今季から背番号10を背負うエースは厳しい状況で奮起し、22日のACL1次リーグ、ニューカッスル戦に続く2試合連続得点。名古屋で現役時代に背番号10をつけたストイコビッチ監督「(玉田、マギヌンが)いなくても勝てることを見せられた」と喜んだ。

ACL疲れ? G大阪リーグ戦3連敗

090427ganba.jpg


どこまでもついて来られた。G大阪は大黒柱の遠藤神戸MFバイーアの徹底したマンマークに遭い、自慢の中盤が“機能不全”を起こした。
 「今までにない対応をされた。残りの10人対10人でどう戦うかの勝負で、試合を作れなかった」西野監督遠藤自身は「スペースをあけたり、ポジションを変えるなりした。ストレスはたまっていない」と振り返ったが、司令塔を失ったチームは圧倒的にボールを支配しながらも、パスをつなぎきれなかった。
 布陣を変えるなどして攻撃の手を模索したが、結局はレアンドロの個人技による1点のみ。これでアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)後のリーグ戦は今季1勝3敗となった。


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人選手の活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月26日

浦和が今季初の首位浮上

浦和 堅守復活か 4試合連続無失点
サッカーサムライFC Jリーグ 浦和レッズ

090426urawa.jpg


大粒の雨がピッチの視界を遮る中、浦和が今季初の首位に浮上した。リーグでは4試合連続の無失点。クラブ最多タイ記録に並んだ。
 0−0で迎えた後半13分、MF山田直のクロスにFWエジミウソンが頭で合わせた。守備にミスが目立ち、千葉に押し込まれる場面もあった前半の流れを、待ちわびたゴールが断ち切った。エジミウソンは悪条件のコンディションで、「クロスからのボールが一番入れやすかった」。守備も堅くこなし、フィンケ監督「模範的な例はエジミウソン。守備で仕事をすれば、FWにチャンスが巡ってくる」と喜んだ。
 伝統の堅守復活で突き進む浦和の快進撃から、目が離せなくなってきた。


柏 いまだ勝ち星なし 追加点取れず逃げ切り失敗
サッカーサムライFC Jリーグ 柏レイソル

090426kasiwa.jpg


清水相手に逃げ切りに失敗し1−1。これで5分け2敗と、開幕から依然として白星がない。高橋監督「失点するまではいいサッカーをしていた。2点目を取れたら展開も違っていた」と相手のミスを生かし切れなかったことを悔やんだ。
 終盤はそれまでの優位が一転、ピンチの連続となった。原の決定的なシュートを防ぐ好守を見せたGK菅野「ちょっとバタバタした。そういう時間帯にきちんと守れるチームが上位に行くと思う」と課題を挙げていた。

ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

鹿島圧勝 興梠&大迫 初アベック弾 

鹿島を強さ支える“競争力”
サムライFC ACL 鹿島アントラーズ

090423kasima.jpg


 2人はチームメートでありながらポジションを争うライバル同士でもある。入れ替わりでピッチに立つことが多く、同時先発自体初めてだった。ある意味アピール合戦となった試合は興梠が2得点、大迫が1得点1アシスト。両雄合い譲らずといったところだろう。
 ここ最近は大迫が先発しており、興梠にとってはこれが公式戦7試合ぶりの先発だった。「ずっと頭から出たい気持ちがあった。結果が出てよかった」。一方の大迫「興梠さんは練習からうまいし、早く追いついて追い抜けるようにしたい」と殊勝に向上心を見せる。ハイレベルな競争が相乗効果を生み、鹿島の強さを支えている。
 次は勝ち点が同じ9の水原との天王山。アウェー戦では1−4で完敗した。興梠「水原戦をきっかけにスタメン落ちした。借りを返したい」と言えば、大迫「ベンチ外で悔しい思いをした。結果を残したい」。昨季得点王のマルキーニョスが君臨するチームにあって、同時先発が再び実現するかは微妙。それでも2人は、アベック弾で雪辱を狙う。

名古屋 守り勝ち首位キープ 
サムライFC ACL 名古屋グランパス

090423nagoya.jpg


名古屋は後半12分、MF杉本の右クロスからMF小川が奪った決勝点を、PKを止めたGK楢崎らが守り抜いた。

ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

イングランドサッカーバブル崩壊の影

金融界を映し出す「鏡」

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イングランドプレミアリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎、G大阪そろって決勝T進出

川崎「国際仕様」セットプレーで2得点 接戦制す
サッカーサムライFC ACL 川崎フロンターレ

090422kawasaki2.jpg


サッカーのアジアクラブ王者を決めるアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は21日、各地で1次リーグ第4戦が行われ、H組の川崎とF組のG大阪が勝って各組2位以上が確定、そろって決勝トーナメント進出を決めた。
 ホームにセントラルコースト(豪州)を迎えた川崎は1−1で迎えた後半36分、CKからMF谷口の折り返しを途中出場のMFレナチーニョが決勝ゴールを決め、2−1で競り勝った。川崎は3勝1分けで勝ち点10。

090422kaawasaki.jpg


G大阪、早々と決勝T進出
サッカー サムライFC ACL ガンバ大阪

 G大阪は敵地でスリウィジャヤ(インドネシア)に3−0で快勝し、4連勝で勝ち点を12とした。前半30分にFWレアンドロ、ロスタイムにMF佐々木が決め2点のリードを奪うと、後半にも30分にFWチョ・ジェジンがだめ押しの3点目を奪った。
 川崎は2007年以来2度目、G大阪は優勝した前回大会に続いての決勝トーナメント進出。優勝チームは12月にアラブ首長国連邦で行われるクラブW杯に出場する。



ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

U20日本代表候補の合宿がスタート

フル代表への第一歩
サムライFC サッカー日本代表

サッカーのU20(20歳以下)日本代表候補は20日、静岡県御殿場市内で3日間の合宿をスタートさせた。
 MF山田直(浦和)ら一部選手が負傷などで不参加となったが、大学生を含む16〜20歳の若手24人が岡田監督以下フル代表のスタッフの指導で約2時間、汗を流した。
 初日はゲーム形式の練習が中心。岡田監督「全体として思っていた以上にやってくれた。ポテンシャル、魅力を感じる選手がたくさんいる」と感想を語った。21日には大学生との練習試合が行われる。

090421U20_1.jpg


練習開始前の円陣で、岡田監督「世界ではこの年代でフル代表は当たり前。目標を高く持ってほしい。誰にでも門は開かれている」と呼びかけた。すると選手は最初からアクセル全開。飛ばし過ぎで、予定のメニューを一部キャンセルするほどだった。
090421U20_2.jpgフル代表の指揮官から直々に言われれば、目の色が変わるのも無理はない。
「年齢は関係ない。チャンスやと思う」と最年少の16歳、宇佐美(G大阪)17歳の原口(浦和)「若いから注目されるというのは不平等。(フル代表と)平等な目で評価されたい」と言い切った。


ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

神戸4試合ぶり勝利

「一番いい試合」神戸勝利に自信
サムライFC サカキチ日誌 Jリーグ ビッセル神戸

神戸は粘る大分を振り切り、4試合ぶりの勝利。5試合で3ゴールしか取れていなかった攻撃陣が、3得点と奮闘した。カイオジュニオール監督「今までの試合で一番いい試合ができた」と誇らしそうに話した。
 前節の横浜M戦では開始直後に先制され、冷静さを取り戻せないまま5失点を喫した。その反省が生きた。先制されても慌てず、積極的に前に出て得点を狙い続けた。勝ち越しゴールの田中「前の試合はターニングポイントだった。この勝ちを選手の自信にすればいい」と力強かった。

224.jpg


大分 守備崩壊で3連敗3試合無得点

大分が3連敗を喫した。3試合連続で無得点に終わっていた攻撃では2ゴールを奪ったものの、守備が崩されて3失点。シーズン序盤とはいえ、順位は17位に落ち、GK西川「まだ6試合ではなく、もう6試合」と厳しい表情で話した。
 失点の仕方が悪い。DFが簡単に相手に振り切られるなど、昨季リーグ最少失点を誇った堅守は見る影もない。
 昨季は第3節から3連敗したが、その後に盛り返して4位となった。しかし、森重「結果論。昨季は一人一人がやるべきことを分かっていたが、今はイメージの共有ができていない」とチームの現状に警鐘を鳴らした。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

浦和 エジミウソンが決勝弾

浦和 京都に勝利し勝ち点で首位に並ぶ
サムライFC Jリーグ 浦和レッズ

090419urawa1.jpg


名門が勝ち点でトップに並んだ。浦和がナビスコ杯を含めて4試合連続で1−0。貴重な得点をゲットしたのは、FWエジミウソンだった。
 前半7分、MFポンテの縦パスに抜け出したエジミウソンが、冷静に右足でゴール。「ロビー(ポンテ)からいいボールが来た」。決勝点を挙げたヒーローは、同僚をたたえる“優等生コメント”を発した。
 今季、チーム最多の3得点目となったが、順風満帆だったわけではない。昨年の移籍以来、思うように結果が出せず、レギュラーをはずされたこともあった。「もっと得点を入れたいが、チームにとって勝ち点3が一番重要」と語った言葉には、思いがこもる。
090419urawa2.jpg新星の活躍も特筆モノだった。ユースから昇格した18歳の攻撃的MFの山田直と17歳のFW原口。初めてそろって先発した2人が、何度も好機に絡んだ。若い力を起用し、勝利に結びつけたフィンケ監督「いい形で、チームが進化を遂げている」と胸を張った。



千葉がF東京に逆転で今季初勝利

090419tiba.jpg


終盤まで劣勢だった千葉が逆転で今季公式8試合目にして初勝利を挙げた。0−1の後半41分、アレックスの左クロスをゴール前に猛然と走り込んだが左足で合わせて同点。さらに、「巻が頑張ってくれたんで」と駒大の同期の深井がロスタイムに左足で決勝点をたたき込んだ。
 昨季最終節では、FC東京を0−2から4−2とひっくり返し“奇跡的”にJ1残留を決めた。験のいい相手に再び逆転勝ちし、「前回のイメージがあったので、いけると思っていた」と会心の笑みを浮かべた。


お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

G大阪、山形に逆転勝ち

Jリーグ
山形、逃げ切りに失敗戦

Jリーグ1部(J1)第6節第1日(17日・万博記念競技場=1試合)G大阪が2−1で山形に逆転勝ちした。4試合ぶりに白星のG大阪はJ1通算250勝目で、勝ち点を10に伸ばした。山形は連勝が2で止まり、勝ち点10のまま。
 前半に先制を許したG大阪は、後半に遠藤とレアンドロがゴールを決めた。

090418ganba.jpg


前節まで2位の山形は前半44分にセットプレーから先制すると、後半は自陣に引いて守備を固めた。しかし、逃げ切れずに逆転負け。小林監督「ボランチがへばっていた。次の一手を打つのが遅かった」と選手交代のタイミングを悔やんだ。

お金がない?それは財布のせいではないですか?



人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

C・ロナルド、スーパーゴールでマンU4強

サムライFC サカキチ日誌 欧州CL マンチェスターユナイテッド
Cロナルド自身もスーパーゴールに興奮

090417rinarudo1.jpg


ホームでの第1戦で2失点で引き分け、窮地に陥っていたマンUを救ったのは、C・ロナルドだった。過去3戦勝利がない敵地ポルトでの一戦を決めたのは前半6分、約35メートルの距離でパスを受けたロナルドはそのまま強引に右足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。スーパーゴールにエースのルーニーも興奮気味にロナルドに飛びつき、抱きしめた。
 豪快なロングシュートを決めたロナルドは「これまでで最高にファンタスティックなゴールだった。DVDでもう1度見るのが待ちきれない。最高にハッピーだ」と試合後も興奮が冷めやらない様子だった。
 後半に入って降り出した横殴りの雨とともにポルトにペースを握られたものの、マンUは故障から復帰したDFファーディナントを中心に堅い守りで、逃げ切った。

090417rinarudo2.jpg


ポルト“世界最高”のスーパーゴールに屈す

ポルトは0−0か1−1なら引き分けでも準決勝に進めたが、ロナルドのスーパーゴールに屈した。ベンチ入り禁止のフェレイラ監督に代わって指揮を執ったゴメス・コーチ「世界最強のチームに、世界最高の選手の得点で敗れたのだから仕方ない」と話した。
 イングランド、スペイン、イタリアの3強以外ではPSVアイントホーフェン(オランダ)以来4季ぶりとなるベスト4入りにあと一歩だった。シュート数では敵を上回ったが決まらず、同コーチは「すごく残念。勝ち上がるだけのプレーは見せたと思う」と悔しそうだった。

09017poruto.jpg

マンUに敗れうなだれるポルトのコスタ


ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ


お金がない?それは財布のせいではないですか?


posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

欧州CL チェルシーとバルサが4強 

サムライFC サカキチ日誌 欧州チャンピオンズリーグ準々決勝
チェルシーとバルセロナ 準決勝で対戦

 サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は14日、ロンドンなどで準々決勝第2戦の2試合を行い、チェルシー(イングランド)FCバルセロナ(スペイン)が勝ち上がり、準決勝で対戦することになった。
 昨季準優勝のチェルシーはホームでリバプール(イングランド)に4−4で引き分け、2試合合計7−5でベスト4進出が決定。0−2で迎えた後半にランパードの2得点などで巻き返した。
 3季ぶりの優勝を狙うバルセロナはアウェーでバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)と1−1で引き分け、2試合合計5−1で4強入り。0−1の後半28分にケイタが同点ゴールを決めた。

090416rannpad.jpg



サムライFC サカキチ日誌 欧州チャンピオンズリーグ準々決勝
リバプール、またもチェルシーに苦杯、雪辱ならず

090416ribapu-ru.jpg

チェルシーに破れ、肩落とすトーレス


4季ぶりの優勝を狙ったリバプールは、昨季準決勝で敗れたチェルシーにまたも行く手を阻まれた。
 ホームでの第1戦を1−3で落とし、この夜は大黒柱のジェラード主将が股(こ)関節のけがで欠場。苦境でもあきらめなかった選手たちを、ベニテス監督は「強い精神力とチームの質の高さを示した。誇らしく思う」と褒めた。
 15日は観客席で起きた事故でファン96人が圧死した「ヒルズボロの悲劇」から20年。スタンドには犠牲者の名を記した大きな旗も掲げられた。指揮官は「今日の試合ならファンも喜んでくれたと思う」と悔しさをのみ込んだ。

ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

サッカー日本代表のウズベク戦開始時間

サムライFC サカキチ日誌 ワールドカップ最終予選 日本代表
キックオフ 日本時間6月6日23時に決定

日本サッカー協会は14日、W杯南アフリカ大会アジア最終予選、6戦目にウズベキスタ戦(6月6日、タシケント)の試合開始時間が午後7時(日本時間午後11時)に決まったと発表した。日本が勝てば前回ドイツ大会に続き、開催国を除く出場決定第1号となる。

090415uzubeku.jpg

ホームで引き分けているだけに、なんとしても勝って出場を決めたい!

サムライFC サカキチ日誌 U20日本代表
サッカーU20代表候補に原口ら

090415haraguchi.jpg


 日本サッカー協会は14日、U20(20歳以下)日本代表候補を発表、17歳のMF原口(浦和)16歳のFW宇佐美(G大阪)ら28人が選ばれた。20日から静岡県内で3日間の合宿が行われ、岡田監督以下フル代表のスタッフが指導にあたる。
 メンバーは主に技術委員会が選考。大学生も5人選ばれた一方、すでにフル代表の経験がある香川(C大阪)金崎(大分)の両MFと、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に出場するFW大迫(鹿島)らは外れた。
 日本は今秋のU20W杯(エジプト)の出場権を逃しており、継続的な強化が課題となっているが、今回は将来を見据えた、選考となった。

U20(20歳以下)日本代表候補

ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 05:50| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

10月 キリンチャレンジ スコットランドと対戦

サムライFC サカキチ日誌 日本代表
サッカー日本代表 10月にスコットランド戦

 日本サッカー協会は13日、国内で10月10日にスコットランド代表と国際親善試合を行う予定を明らかにした。会場は未定。日本が6月のワールドカップ(W杯)南アフリカ大会のアジア最終予選で本大会出場を決めることが前提という。
 スコットランドは現在、W杯欧州予選9組でオランダに次いで2位につけている。中村俊が所属するセルティックからも代表選手がいるスコットランドは日本との対戦成績が2分け。対戦が正式に決まれば、2006年5月に日本のW杯ドイツ大会前の国内最終試合で0−0で引き分けたキリンカップ以来となる。

090414sukotorand.jpg



サッカーU−18日本代表は連敗(UAE遠征)

一方、アラブ首長国連邦(UAE)へ遠征しているサッカーのU−18(18歳以下)日本代表は12日、アルアインでU−18ドイツ代表と対戦し、1−2で敗れた。
 日本は10日にU−18エジプト代表にも1−2で敗れており、通算1分け2敗で遠征を終えた。



人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 05:49| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

鹿島 ルーキー大迫、リーグ初ゴール

サムライFC サカキチ日誌 Jリーグ 鹿島アントラーズ
鹿島接戦制し、首位浮上

090413oosako.jpg


Jリーグ1部(J1)第5節最終日(12日・味の素スタジアムほか=4試合)鹿島が新人FW大迫のリーグ戦初ゴールなどで2−1でFC東京に競り勝ち、勝ち点12で首位に浮上した。

サムライFC サカキチ日誌 Jリーグ 浦和レッズ
浦和の17歳 原口リーグ戦、初ゴール

090413haraguti.jpg


前半43分、ゴール前のボールに途中出場の浦和FW原口が走り込んできた。右足を強振すると鋭い弾道のボールは名古屋ゴールへ。4試合目の出場で挙げたJ初ゴールが決勝点になった。
 フィンケ監督は「これで『代表に入るべき』と書かれると現実から離れてしまう」と報道陣にクギを刺したが、本人は「(鹿島の)大迫くんが決めているんで、ボクも早く決めたかった」とライバルへの対抗心をのぞかせた。

ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

ボーフム小野が昨年9月以来の先発

サムライFC サカキチ日誌 ブンデスリーグ ボーフム
小野が先発でアシスト ボーフムは快勝

090412ono.jpg
サッカーのドイツ1部リーグでMF小野伸二の所属するボーフムは11日、敵地でホッフェンハイムに3−0で快勝した。小野は昨年9月27日以来の先発で前半42分に先制点をアシストし、2−0の後半19分に交代で退いた。
 FW大久保嘉人とMF長谷部誠のウォルフスブルクはアウェーでボルシアMGに2−1で競り勝ち、大久保はベンチ入りしたが出番がなかった。けがの長谷部は欠場した。MF稲本潤一のフランクフルトは敵地でバイエルン・ミュンヘンに0−4で敗れ、稲本は控えで出場機会がなかった。

ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人選手の活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸に大勝、横浜M今季初勝利!

サムライFC サカキチ日誌 Jリーグ 横浜Fマリノス
横浜M、うっぷん晴らす5ゴール

1カ月間、たまりにたまっていたうっぷんを吹き飛ばす大勝劇だった。プロ野球で横浜が7戦目で待望の初勝利を飾った翌日、同じ港町を本拠に持つ横浜Mも、今季5戦目でようやく勝利の笛を聞いた。
 開始2分、ルーキー渡辺がボレーをたたき込み決め先制。18分には山瀬功が豪快なドリブルシュートで続いた。2人はともに2得点ずつを挙げ、最後は後半23分、狩野の直接FKで締めた。攻めながら勝ちきれない、これまでの試合がうそのような圧巻の5ゴールだった。

090412yamase.jpg


サムライFC サカキチ日誌 Jリーグ モンテディオ山形
モンテ山形2連勝で勝ち点10、旋風の予感

090412yamagata.jpg


山形は大分を1−0で振り切り、2連勝で勝ち点を10に伸ばした。
J初参戦の山形は、後半の18分、今季新加入の古橋がゴールを決め、これが決勝点のなった。大方の予想を覆す、健闘を見せる山形。
今季、北国旋風の予感がするが、本当に巻き起こせるか。

ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ



posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

【欧州CL】バルサ バイエルンを撃破

サムライFC サカキチ日誌 欧州チャンピオンズリーグ FCバルセロナ
バルサ、メッシを軸に攻撃全開、3季ぶりVに自信

090411barusa.jpg
際立ったメッシのプレーで、バルセロナは昨季のドイツ・リーグ覇者を4−0と完膚なきまでにたたきのめした。
 メッシは前半9分にDFの裏に回り込んで先制点。12分にエトーの得点をアシストし、38分にアンリのパスから2点目を決めた。DFに押し倒されそうになりながら粘った泥くさいゴールだった。5分後には軽やかな突破でアンリの得点につなげた。エトーのセンスと、アンリの突破力も目を引いた。さらにグアルディオラ監督「中盤の巧みな球回しが最大の防御となった」と表現した、MF陣の安定感も光った。





マンU、守備のもろさ露呈 終了間際失点ドロー
 
一方、2季ぶりのVを狙うマンUは、ホームにもかかわらず、出足の鋭いポルトに戸惑ったのか、開始早々にちぐはぐなプレーが続いた。ロナルドがパスをミスするなどして反撃され、早々に先制点を許した。国内リーグでもここ3試合で8失点ともろさを露呈する守備陣は最後まで踏ん張れなかった。2−1とリードしていた終了間際の単純な相手のクロスにも対応しきれず、無防備でシュートを決められ2−2のドローはまさに、負けに等しい。
ロナルドは「きょうは話せない。申し訳ない」と、引き分けに悲愴(ひそう)感を漂わせて足早に会場を後にしたほどだ。
しかし、指揮官のファーガソン監督「われわれが(敵地でポルトに勝つ)一番目のチームになるチャンスだ」と強気だった。

090411manU.jpg


ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

混戦に拍車?新人の活躍

サムライFC サカキチ日誌 Jリーグ
10代ルーキーの活躍 Jリーグに刺激

17年目を迎えたサッカーJリーグは開幕から1カ月。J1は4試合を終え全勝がすでになくなるなど今季も混戦を予感させる出だしとなる中、目を引くのがルーキーたちの活躍だ。特に今季は17、18歳の新人が開幕早々のデビューを果たし勝利に貢献。昨季までのレギュラーへの刺激にもなっており、チームに活気をもたらしている。

10人デビュー
 第4節終了時点でJ1デビューを果たした10代ルーキーはすでに10人。高校生ながらプロ契約を結んだ浦和のFW原口と、大宮のMF新井は開幕戦の先発に抜擢(ばってき)された。大卒も横浜MのFW渡辺(早大)が全試合に先発し2得点。今季は“新人豊作の年”といえる。
 浦和では原口だけでなく、MF山田直もチームに欠かせない存在となった。F東京戦ではアシストを決め、大分戦ではMVP級の働き。フィンケ監督を「彼のような運動量が豊富で技術のある選手は(浦和が目指す)コンビネーションサッカーに最適」とうならせた。

090410oosako.jpg
正月の高校選手権で最多得点記録を塗り替えた鹿島のFW大迫は開幕戦こそ出番がなかっものの、第3節から日本代表経験のある興梠を押しのけ先発に。アジア・チャンピオンズリーグでは、2試合連続ゴールを記録した。「予想より早い」と本人も驚く活躍を見せている。

ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

もしも定額給付金が100万円だったら・・・




posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本人選手の活躍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

川崎、敵地で大量点奪う アウェーで強さ発揮し大勝

サムライFC サカキチ日誌 アジアチャンピオンズリーグ 川崎F
川崎F アウェーで強さ発揮し大勝

090409kawasakiF.jpg


アウェーの不利を吹き飛ばし、川崎は豪州の強豪セントラルコーストから大量5得点を奪って快勝した。体格で勝る相手をスピードとパスワーク、運動量で圧倒した理想的な勝利。関塚監督「(大差は)予想外だったが、こちらの良さを出せたのが勝因」と納得の表情だった。
 前半8分、森の右クロスを鄭大世が頭で押し込み口火を切った。さらに同22分、左CKを谷口がヘディングで決めた。Jリーグで今季初勝利を挙げた4日の名古屋戦でもゴールした2人が、勢いそのままにネットを揺らす。看板の攻撃が爆発し、その後も中村らがゴールを重ねた。

サムライFC サカキチ日誌 ガンバ大阪
突破口開いたレアンドロ 大勝のG大阪

090409ganbaoosaka.jpg


結果の出ていないJリーグでの反省から、G大阪の西野監督は立ち上がりから攻勢をかけるよう指示していた。が、5バックで守りを固めた相手を攻めあぐね、エンジンのかかりが悪い。
 「スロースタートが課題だったので、きょうは最初からと思ったが…」と西野監督。格下相手にゴールを奪えない時間帯が続き、漂い始めたイヤなムードを吹き飛ばしたのは、3月17日のFCソウル戦でハットトリックのレアンドロだった。
 前半40分、佐々木の浮きパスに反応してDFライン裏に抜け出し、先制点。同44分にもルーカスのクロスに頭で合わせて2点目を奪った。勢いを得たG大阪は大量点を奪い、決勝トーナメント進出に王手をかけた。

ブログランキングに参戦中!
応援よろしくお願いします!!ポチ!ポチ!と
↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

もしも定額給付金が100万円だったら・・・

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ACL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
FCバルセロナ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。