ミズノ総合トップ子供の日新着記事20世紀の出来事元気が出る話

2009年01月31日

オーストラリア戦 サッカーW杯予選日本代表発表

日本サッカー協会は30日、ワールドカップ(W杯)アジア最終予選A組のオーストラリア戦(2月11日・日産スタジアム)に臨む日本代表を発表し、MFの中村俊(セルティック)松井(サンテティエンヌ)やFW大久保(ウォルフスブルク)らの欧州組を含む25選手を選出した。
サカキチ日誌 サッカー日本代表
俊輔、闘莉王らサッカーW杯予選日本代表


アジア杯 バーレーン戦の敗戦で、中村俊輔の負担は増すばかりだが、彼に頼る以外ない!?

0−1で敗れた28日のアジア・カップ最終予選、バーレーン戦のメンバーからは、右ふくらはぎ肉離れのGK川口(磐田)MF本田(VVVフェンロ)ら5人が外れた。
チームは2月1日から千葉県内で合宿を開始。4日にはフィンランドとの国際親善試合(国立競技場)も組まれている。
 5チームで争うA組は3試合を消化し、オーストラリアが勝ち点9でトップを走り、日本は2位につけている。

サッカー日本代表メンバー

GK 都築 龍太(30) 浦 和
   川島 永嗣(25) 川 崎
   菅野 孝憲(24)  柏 
DF 寺田 周平(33) 川 崎
   中沢 佑二(30) 横浜M
   高木 和道(28) G大阪
   闘 莉 王(27) 浦 和
   駒野 友一(27) 磐 田
   長友 佑都(22) F東京
   安田 理大(21) G大阪
   内田 篤人(20) 鹿 島
MF 中村 俊輔(30) セルティック
   橋本 英郎(29) G大阪
   稲本 潤一(29) フランクフルト
   遠藤 保仁(29) G大阪
   中村 憲剛(28) 川 崎
   松井 大輔(27) サンテティエンヌ
   今野 泰幸(26) F東京
   長谷部 誠(25) ウォルフスブルク
   香川 真司(19) C大阪
FW 玉田 圭司(28) 名古屋
   巻 誠一郎(28) 千 葉
   大久保嘉人(26) ウォルフスブルク
   田中 達也(26) 浦 和
   岡崎 慎司(22) 清 水
(注) ()は年齢、闘莉王は田中マルクス闘莉王





posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

ウェンブリーで決勝開催 2011年欧州CL

サカキチ日誌 欧州サッカー
イギリス・ロンドンのウェンブリー競技場で決勝戦を開催決定


毎年楽しみにしているチャンピオンズリーグ!一押しはメッシのバルサです。わーい(嬉しい顔)

欧州サッカー連盟(UEFA)は29日、2011年の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝をロンドンのウェンブリー競技場で、12年はドイツ1部リーグのバイエルン・ミュンヘンの本拠地、アリアンツ競技場で行うと決めた。


サカキチ日誌 サッカー日本代表
バーレーンに敗戦、サッカー日本代表が帰国
サッカーのアジア・カップ最終予選でバーレーンに0−1で敗れた日本代表が29日、関西空港着の航空機で帰国した。岡田監督、選手は長旅の疲れもやや感じさせたが、FW玉田(名古屋)「負けたけど、なるべく明るく帰ってきたつもり。終わったことはしょうがない」と気持ちを切り替えた様子だった。がく〜(落胆した顔)
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 欧州サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

岡田J バーレーン戦「TV中継なし」

サッカーのアジア最終予選は28日(現地時間29日午前0時15分)からバーレーン・マナマでバーレーン代表と対戦した。

サカキチ日誌 サッカー日本代表
2度の代理店変更 ニュース映像も×の理由



試合開始早々、相手のスライディングをかわす中村憲(川崎)
バーレーン戦はテレビで生中継されなかった。1998年2月の豪州戦以来、11年ぶりの日本代表戦テレビ中継なしとなった背景として、岡田ジャパンの不人気とテレビ各局の財政悪化も一因として挙げられるが、放映権を持つ海外代理店が交渉の過程で何度も変更されたことが、決定的な打撃となった。≫続き
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

岡田J 明日未明バーレーン戦

サッカーアジア杯最終予選A組第2戦が今夜未明にバーレーン・マナマで行なわれる。日本代表は試合前日の27日に、最終調整を行なった。

サカキチ日誌 サッカー日本代表
オーストラリア戦に向けて内容で圧倒できるか



「アジア予選突破に向けて、絶対に勝たねばならない」 岡田監督は意気込む

日本は昨年、バーレーンと3度対戦したが、楽な試合は一度もなかった。最大の焦点である、2月11日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦に弾みをつけるためにも、バーレーン戦は充実した内容で勝ちたい。
バーレーンは策士のマチャラ監督の下、ロングボールを蹴ってきたり、パスを回してきたりと相手によって戦術を変えてきている。ポイントは、いかに素早い攻守の切り替えと早いパス回しでゴールに向かうスタイルを貫けるか。
田中達(浦和)らがいかに前線からプレッシャーをかけ、相手の好きにさせず、奪ったあと素早く攻撃に転じて守りを崩したい。調整遅れの遠藤(G大阪)の先発は無理そうだが、司令塔の役割を担う中村憲(川崎)の動きが焦点になりそうだ。
昨年の3月、9月のマナマでの対戦では、終盤に集中力が切れたところで失点しているが、その教訓を生かせるか。



サッカー日本代表 レプリカユニフォーム
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

ベッカム、移籍後初ゴール!

イタリア セリエA(1部リーグ)のACミランに期限付き移籍中のイングランド代表MFデビット・ベッカムは、敵地でのボローニャ戦で、移籍後初ゴールを挙げた。

サカキチ日誌 セリエA
予想外の活躍ぶり「すばらしい気分」

3−1の後半15分。ペナルティエリア内に走りこんだベッカムは、左サイドからパスを受けると、右足でゴールに蹴りこみ、右隅に決まった。
「すばらしい気分だ。チームメートやサポーターに歓迎されている実感がある。」と声を弾ませた。
11日のデビュー戦から3思案連続で先発。この日、初めてフル出場した。調子は着実に上がり、急速にチームに溶け込んだ。そして、3試合でチームは2勝1分け7得点と好調。当初は「商業戦略」という見方が多く批判的な意見の多かったが3月上旬までの超短期移籍だが、予想外の活躍ぶりだ。
エースのカカ「彼の貢献度は大きくすこぶる高い。プロとして学ぶことは多い。もっと長くやりたい」と賞賛を惜しまない。地元メディアは完全移籍するのでは、との憶測も流れている。


初ゴールを挙げ喜ぶベッカム


サッカーで元気になりたい
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | セリエA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

岡田J 川口もけが

サカキチ日誌 日本代表
GK川口、けがで離脱も


日本代表は敵にバーレーン・マナマで調整を行なった。前日、MF本田(VVVフェンロ)がチームに合流し、全選手が揃った。
しかし、24日の練習でGK川口(磐田)が右ふくらはぎを痛め、検査の結果「ふくらはぎの肉離れ」と診断され、バーレーン戦の出場は絶望的となった。
GKは楢崎(名古屋)は左足首の故障で召集されておらず、主力二人が欠場することとなる。


posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 05:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

Jリーグ 加藤監督「戦力は整った」

サカキチ日誌 Jリーグ
J1の京都サンガは新体制を発表

就任三年目を迎える加藤久監督(宮城・塩釜FC出)「実績のある選手が加わり、戦力は整った」と、満足そうに話した。
昨季はFW柳沢敦が日本人最多の14得点を挙げたものの、続く選手がおらず得点不足に苦しんだ。このため、名古屋から北京五輪代表のFW豊田陽平、東京Vからディエゴを獲得し、攻撃面での補強。軸として期待されるディエゴは「ゴールを決めて京都に貢献したい」と意気込んだ。


活躍が期待されるディエゴ
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ・J1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

岡田J アウェーバーレーンへ




サッカー日本代表
サッカー日本代表は23日、アジア杯最終予選のバーレーン戦に向けて愛知県刈谷市で行なっていた合宿を打ち上げた。

体調不良の長友(FC東京)は遅れて合流した。チームは23日夜、中部国際空港から出発。稲本(フランクフルト)と本田(VVVフェンロ)=写真 は現地で合流する。


VVVフェンロで活躍する本田圭祐



釜本氏が監督就任

日本サッカー協会の釜本邦茂・協会名誉会長(64)が静岡県の社会人リーグ1部の「藤枝ネルソン」を母体に発足する新チーム監督に就任することがわかった。
釜本氏の現役復帰は1994年シーズン限りでG大阪を退任して以来となる。新チームは、インターネットで募集した会員の投票によってチーム名や監督、選手の補強方針、試合の戦術などを決める方式で運営される。釜本氏はクラブが有料会員で運営されるまで指揮を執る見込み。


posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

調整遅れ 指揮官ため息



サッカーアジア杯最終予選第2戦に臨む日本代表は22日愛知県刈谷市内で約1時間半の調整をした。

遠藤別メニュー、コンディションにバラつきも

大黒柱の遠藤(G大阪)は昨年末から痛めた右太ももの不安がぬぐえず、完全に別メニューとなった。
「コンディションにバラつきある。前のグループを見ている、ちょっと遅れている感じだね」と岡田監督はため息をついた。
遠藤本人はバーレーン戦の出場について、「少しでも出られればという気持ちはあるが、無理をしてまでは・・・」と歯切れが悪い。
サイドバックの長友は体調不良で合宿に合流できなかった。
じっくり走りこんできた玉田(名古屋)も「体力に心配はないが、実戦をしていないので」と不安をのぞかせる。
最重要視しているW杯最終予選のオーストラリア戦前に無理をさせられない部分もあり指揮官の頭の痛い問題が突きつけられた格好だ。





フットボール
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

岡田J 主力組みに不安も

日本サッカー協会は21日、アジア杯の第2戦バーレーン戦の日本代表25人を発表した。

【日本代表メンバー「アジア杯・バーレーン戦」】
<日本代表>
GK川口能活(磐田)都築龍太(浦和)川島永嗣(川崎)菅野孝憲(柏)

DF寺田周平(川崎)中澤佑二(横浜FM)高木和道(G大阪)駒野友一(磐田)水本裕貴(京都)長友佑都(FC東京)安田理大(G大阪)内田篤人(鹿島)

MF橋本英郎(G大阪)稲本潤一(フランクフルト/ドイツ)遠藤保仁(G大阪)中村憲剛(川崎)青木剛(鹿島)今野泰幸(FC東京)本田圭佑(VVV/オランダ)香川真司(C大阪)

FW玉田圭司(名古屋)巻誠一郎(千葉)田中達也(浦和)岡崎慎司(清水)興梠慎三(鹿島)

遠藤(G大阪)中沢(横浜M)らが復帰

イエメン戦に先発した田中達(浦和)中村憲(川崎)らも順当にメンバー入りした。
海外組みからは稲本(フランクフルト)本田(VVVフェンロ)の2人が召集された。また、GK菅野(柏)が初代表入りした。

「状態を見てみないと・・・」

25人の顔ぶれは順当と言える。とはいえ、10日に始動して公式戦をこなしたメンバーとコンディションで差があることは当然ながら、岡田監督は中沢らに昨年から内々にこのタイミングで召集を伝えていた。
経験豊富な主力だから各自にコンディション調整は任せたようだが、心配なのは遠藤や中沢など故障を抱えて選手。
特に遠藤はランニングが精一杯の状態。「急に皆と一緒にやるのは危険」と話し、バーレーン戦の先発はかなり厳しい状態。
シーズン中でコンディションの良い海外組みの稲本と本田を中盤に加えて事は無関係ではなさそうだ。

守護神争いに名乗り 初招集のGK菅野(柏)

初招集の菅野は179センチとGKとしては小柄だが、抜群の反射神経と、岡田監督も「フィールドプレーヤー並み」と評する正確なキックが持ち味。横浜C在籍時の2007年には、チームが最下位に沈みながら新人王も獲得している。
 川口、楢崎が長く君臨する代表守護神争いに名乗りを上げた24歳。菅野はクラブを通じ、「気が引き締まる思い。自分を信じて、いつも通りやるしかない」と意気込んだ。






posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

岡田J モヤモヤ消えず!?



サッカーアジア杯最終予選が熊本県民総合運動公園陸上競技場でおこなわれ、日本代表がイエメン代表を2−1で下した。

若さ露呈・・・空砲の雨、経験不足で打開できず

オフ明け間もないコンディションに、リベロを2人置いた超守備的な相手と日本に同情の余地はある。
公式戦でもありきっちり勝ち点3を取ったこと認めるが、消化不良の感は否めない。
シュートは27本とポールやバーに跳ね返された場面もあったが、ほとんどが空砲だった。
「決定力不足?まさにその通り」と中村憲(川崎)はうなだれた。
経験の少ない選手で臨んだこの試合だったが「アピールしたい気持ちは少なからずあった」と香川(C大阪)と認めるように、若い選手は強引な仕掛けが目立ち、玉離れも遅くなった。
後半は中盤をダイヤモンド型に変更したのも「正直、策を打ちたくはなかったが、自分たちで解決できそうになかったので・・」と岡田監督自ら指示したという。
もし、経験豊富な田中達(浦和)がいなかったら、岡崎(清水)の先制弾も決勝点も生まれていたかどうか。
途中出場の巻(千葉)は「試合中はずっと辛抱しろと言い続けていた」と打ち明ける。
単調な試合に終始したこの試合は、まさに経験不足そのもの。
結果はもちろん、この試合はW杯最終予選のオーストラリア戦に向けたチームの底上げがテーマだったが、結局は実績のある選手に助けられた。
「経験の少ない選手はこれが公式戦とわかったと思う」と岡田監督は収穫を口にするが、少なくともオーストラリア戦には間に合いそうもない。


先制弾を挙げた岡崎(清水)
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

岡田J 今日、2009年の初戦イエメン戦




サッカーの日本代表は今日熊本県民総合運動公園陸上競技場で2011年アジア杯最終予選の初戦イエメン戦を迎える。

早い始動。ワールドカップ最終予選に向けてもチーム底上げ好機

この時期の公式戦は例年になく早い。これは、前回大会の07年アジアカップでは4位に終わり、シード権を失ったためだ。
「ぼくらが3位決定戦で韓国に負けていなければ・・・。本当に申し訳ない。」川口(磐田)
オフ明け間もない日本は、コンディション面では不利になる。しかし、指揮官は「最初は頭にきたが、よく考えればものすごくありがたい」と前向きに捉えている。
当然ではあるが、念頭にあるのは2月11日にあるW杯オーストラリア戦。
W杯出場を懸けた最大のライバルとの決戦のために早く始動し、真剣勝負もこなせるのは、むしろ好都合というわけだ。
もちろん、岡田監督はイエメン戦を軽視しているわけではない。10日間と短期ならが、それだけの準備を整えた自負がある。
「代表経験の少ない選手も多いが、結果を残せるチームになったと思っている」
早い始動で召集できる選手に制約はあるが、「これを生かしてくれる選手が1人でも2人でも出てくれれば、チームは活性化する」と岡田監督。
選手も「なかなかこんなチャンスはない」青木(鹿島)と野心に燃えている。
2年前の夏、韓国に負けたことで組まれたこの初戦のイエメン戦。
なんとしても結果を出したいところだ。


posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:34| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

岡田J イエメン戦に手応え




サッカーに日本代表は鹿児島県指宿市での合宿を18日打ち上げた。

香川、失敗を恐れず「点取りたい」

主力組みに入った香川(C大阪)は岡田監督から動き方の指導を受けるとなにやら言い返した。
内容については言葉を濁したが、指揮官に対して自分の意見を主張すること自体、昨年の香川にはなかった。
3月に20歳の誕生日を迎えるが、今年にかける意気込みはすさまじい。
昨年は6試合で1得点を挙げた香川だが「何も出来なかった」と満足していない。
海外組が合流すれば、ベンチにすら入れないのが今の立場をよく自覚している。
彼らがいないうちにモーレツにアピールする必要があり、危機感が漂う。「失敗を恐れずにチャレンジする。チームのことを考えている余裕はありません。結果をださないといけないので・・」
自分を殺しチームにあわせることばかりを考えていた昨年の姿はもうない。
先発が濃厚なイエメン戦だが、香川は「W杯予選が一番大事だが、ボクはイエメン戦です」と言い切った。
「攻撃的なポジションなので、点を取りたいし、アシストもしたい」
それが日本の勝利につながると信じて、欲望丸出しで熊本に乗り込んだ。


先発が予想される香川(C大阪)


イングランドプレミア チェルシー売却か?

チェルシーのオーナーである富豪アブラモピッチ氏が、同クラブの売却先を探していることが、イギリス・タイムズ紙などが報じた。
売却額は8億ポンドになるとの観測もある。
チェルシー側は「事実無根」と否定した。



posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

岡田J 阿部と森重が離脱

鹿児島県指宿市で合宿中の日本代表からDF阿部(浦和)森重(大分)の2人が負傷のため合宿を離脱した。

岡田監督はセンターバック候補の2人の離脱について「無理をさせる必要はないし、メンバーを選ぶときに悩まないで済む」と動揺のないことを強調した。
アジア杯最終予選のイエメン戦は寺田(川崎)高木(G大阪)の2人がセンターバックを組む公算が強くなった。



カズ、横浜Cと契約更新。現役続行が決定!

カズこと三浦知良(41)が所属していたJ2の横浜Cと来期の契約を更新した。
来月26日で42歳になるカズだが、昨季はリーグ戦30試合に出場して1得点。昨年9月14日にJリーグ通算400試合出場を達成したほか、同25日には自ら持つJ2最年長得点記録を41歳7ヶ月29日に更新した。


来期もこの雄姿がピッチ上で見れる
posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

Jリーグ 不況の影響移籍市場も小規模



今期は韓流が活路!?

Jリーグは今オフの移籍市場が固まりつつある。
16日にオーストリア・ザルツブルクから神戸に移籍が決まった元日本代表主将のDF宮本恒靖が入団したが、景気低迷の影響もあり、市場は全体として小規模になりそうだ。
そんな中、従来の外国人枠3人とは別に、アジア枠が設けられたことで、韓国からの代表クラスが続々とJクラブに加入する。
新戦力が優勝争いにどう影響を与えるか楽しみな面もある。


外国人枠に加え新たにアジア枠の新設

外国人選手にも「大物」と呼べる新顔はなく、ここ数年同様に、日本で実績を残した選手の「引き抜き」が目立っている。
昨季リーグ2位の16点を挙げた札幌ダヴィが名古屋へ、同6位の12得点の名古屋ヨンセンが清水に移籍した。
一方、活況を呈しているのが韓国人選手の移籍だ。
レベル向上やアジア事業開拓の目的でアジア枠導入で、「4人目のカード」として獲得を進めたクラブが多いのが特徴。
G大阪には、かつて清水で活躍した韓国代表FW曹宰が元韓国代表DF朴東赫とともに入団。京都には韓国代表DF李正秀、大宮には元代表のMF朴原載、横浜MにはU19代表候補の丁東好が加わった。
韓国人選手の特性を、Jクラブ関係者は「技術的には日本人選手より劣るが、メンタル面や身体能力、高さは日本人選手以上。特に運動量の多いサイドバックはストライカーは期待できる」と評価する。
過去に実績を残した選手も多いだけに、各クラブの切り札的存在になりそうだ。






posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 07:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

日本代表 田中達也に存在感

鹿児島県指宿市内で合宿中のサッカー日本代表は15日、鹿屋体育大との練習試合を行い、8-0で勝った。

田中達(浦和)の動きがすばらしい。練習試合開始6分、猛烈なプレスでボールを奪うと、そのままドリブルを開始。
DFを次々と振り切り、シュートをねじ込んだ。



その後も、香川(C大阪)の左のクロスを受け、チーム唯一の2得点目を奪う。今季初の対外試合とは思えないキレのある動きを見せた。
今合宿で昨年11月のカタール戦に先発したのは、内田(鹿島)川口(磐田)と田中達の三人だけで、生き残りがテーマの若手とは立場が違う。
それでも、誰よりも貪欲にゴールを狙う田中達は、これでも「運動量がまだまだ足りない」というのだから、恐れ入る。
そんな田中に、岡田監督もストップをかけた。「何でも全力でやる子なんで怪我が怖いし、もう点も取ったんだから」と、唯一30分間で交代させた。
過保護なほどの“VIP待遇”は、信頼の証だ。
「まず、イエメン戦だけど(W杯アジア最終予選)オーストラリア戦もある。、僕自身昨年が怪我が多かったので、無理せずいきたい」と、エースの自覚も備わった。
だが、相変わらずもピッチに立てば全力プレーというスタンスは変わらない。


宮本が神戸入り、3季振り復帰

J1のビッセル神戸はオーストラリア1部のザルツブルクに所属している元日本代表の主将、DF宮本恒靖(31)を獲得したと発表した。
ワールドカップドイツ大会で日本代表の主将を努め、翌年の1月にザルツブルクに移籍中だった。J1には3季振りの復帰となる。






激安サッカーショップ ユニオンスポーツ

posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

日本代表 センターバックまた受難!

けが人続出の日本代表候補センターバックがまた故障者がでた。
前日に右足首を痛めた森重(大分)をはじめ、14日には水本(京都)が右足を踏まれ、検査を受けることとなった。
胃腸炎の阿部(浦和)はいまだに完全合流できない状態。センターバック候補にトラブルが続出している。
そのせいか、寺田(川崎)高木(G大阪)はシュート練習を途中で止められた。
「全然大丈夫だったんですけど・・」と高木。指揮官は「疲れていると報告を受けていたから」と説明したが、これ以上負傷者が出たら困るとの思いが透けて見える。
20日のイエメン戦(熊本)は、寺田と高木の初コンビが濃厚。
もともと、層の薄いポジションだけに、2人への期待は高まる


posted by サムライFC サカキチ日誌 記録の細道 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
安い快適楽天BB
FCバルセロナ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。